進む

更新日:2021年12月18日

同業者と久しぶりに話をしました。

税理士試験の受験時代からなので20年以上の

付き合いで、

その頃、昼間に通っていたのは

一度社会に出て仕事を辞めて勉強に専念している人も多く、

お互いライバルではあったものの、同じくらいの年代なので

何人もが仲良くなり

税理士になってからも付き合いを、何人もとしています。

税理士になったのもずっと先ですし

独立したのも先だと

今、悩んでいるような事も

既に経験済みで、

その先、その先へと

考えは行っていて

へー、そういうこと、と

感心しきりなでした。

久しぶりの会話が、

とても刺激になりました。

今、何をすべきなのか

目の前の顧問先へも

そしてまだお会いしてない人へも

そして自分へも、

考えて進まなければ、いけないと思います。

来月は、自分がする側のセミナー(オンライン)もあり

資料作りと、インプットにあてようと思っています。

もちろん、来月、再来月の決算に向けて

既に進めています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月10日 ●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付 11月15日 ●所得税の予定納税額の減額申請 11月30日 ●所得税の予定納税額の納付(第2期分) ●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付 ●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税> ●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方

本日、国税庁より 帳簿をつければ雑所得でなく 基本事業所得と認めると公表がありました。 内容としては、8月に出た事業所得なのか 雑所得なのかの基準を収入300万円と発表してました。 収入300万円というのは、副業で小ビジネスを始めたり、スタートアップ起業としては、ハードルが高く、ネットでも話題になりましたし、心配をしておりました。 やはり、意見が多数寄せられた様で、通達案の修正となったようです。